教会での結婚式のデメリット

Share

挙式可能かどうか要確認

厳かな雰囲気を持つ教会での挙式に憧れる人も多いでしょう。まず注意すべきは「教会」と「チャペル」の違いです。結婚式場やホテルにある教会を模して作られた会場は「チャペル」といい、結婚式のための施設です。対して「教会」は牧師や神父が常駐し、キリスト教徒の礼拝や祈りのための施設となっています。教会は宗教施設のため、混同しないように注意しましょう。教会で式を挙げたいと思ったら、まず挙式が可能か確認する必要があります。多くの教会では信徒であるなしに関係なく挙式ができますが、中には「新郎新婦どちらかがキリスト教信者であること」「片方、あるいは両方が再婚者である場合は認められない」というような教会もあります。結婚式場のように自由にできる、ということではないので注意しましょう。

自分達でやることが多い

基本的に教会での結婚式は、通常の結婚式場の様に提携している衣装やヘアメイク、カメラマン、披露宴会場がないので、自分達で手配しなければなりません。中には提携先を持っている教会もあるので、確認しておきましょう。また、教会にはお支度部屋がないため、挙式前の準備が大変だというデメリットがあります。披露宴会場で準備を済ませてから教会に向かう、という人もいるくらいなので、新郎新婦の支度は特に工夫を要する点です。挙式中の演出も注意したいポイント。教会はあくまで宗教施設であり厳粛な祈りの場であるため、演出は基本NGというところも多いです。教会によって規定が違うので、憧れていた演出も諦めなければいけない可能性があります。

結婚式を格安で契約するには、小規模の会場でアットホームな挙式と披露宴ができる式場やホテルを探す方法があります。