教会での結婚式の特徴

Share

教会とチャペルの違いとは?

日本ではキリスト教の形式で結婚式が行われることが多く、これを「教会での結婚式」と認識している方も多いかもしれません。しかし、結婚式場やホテルなどに結婚式専用として設けられた施設はチャペルと言い、キリスト教徒の礼拝のための施設である「教会」とは別物と考えたほうがいいでしょう。即ち教会が宗教施設であるのに対して、チャペルはあくまで商業施設だと言うことができます。どちらもキリスト教式で行われるという共通点はありますが、チャペルでの結婚式と教会での結婚式は似て非なるものなのです。そのため、教会で結婚式を行いたい場合は商業的な結婚式場での挙式とは異なる手続き、配慮などが必要になるということを心得ておきましょう。

キリスト教徒じゃなくても教会で結婚式はできる?

教会で結婚式を挙げようと思った時に多くの人が考えるのがキリスト教徒以外でも式ができるのかということでしょう。キリスト教の宗派はカトリックとプロテスタントの2派に大別できます。カトリックでは新郎新婦のうち少なくとも1人が信徒でないと結婚式を挙げられません。初婚でないと式ができないという特徴もあります。一方でプロテスタントの教会は信徒でなくとも結婚式ができる所が多いです。仏教徒であろうと神道の信徒であろうと、あるいは無宗教であろうと教会での結婚式は不可能ではないということです。教会での結婚式は事前に講習が行われることが多いです。あくまで神聖な祈りの場であるため、演出なども自由にできるわけではないということを念頭に置いておきましょう。

パパママ婚というのは、子供が生まれてから挙げるウエディングのことです。結婚したときに結婚式をできなかったカップルが挙げるのが一般的です。